デジタル一眼レフ用のマクロレンズの作り方



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

このチュートリアルは、マクロ撮影の「逆レンズ」テクニックに基づいています。キヤノン18-55mmのようなキットレンズまたは焦点距離が約50mmの別のレンズが必要になります。画像をタップして全画面表示にします。

2つのフィルターが必要になります。フィルターの1つのガラスを取り除き、スレッドリングを維持する必要があります。もう一方には何もせず、次のステップに進んでください。

ボディキャップです。キャップをドリルまたはカットして、画像として作成する必要があります。リングアダプターとして使用するので、「撃ち抜く」。

こちらがリアレンズキャップです。写真の赤い線で、上から約2〜3mmの部分を切り取る必要があります。これは、ステップ1の変更されていないフィルターとともに、レンズプロテクターとして使用されます。

前の手順と同じキャップで作業し、フィルターをそのキャップに取り付ける必要があるため、この写真でわかるように、「L」のように90度の角度で境界線をファイリングする必要があります。その後、フィルターは完全にフィットします。

次に、フィルターリング(ガラスなし)をボディキャップに接着し、画像に示すように、フィルターの外側にフィルタースレッドを固定します。

反対側で、フィルター(ガラス付き)をレンズのバックキャップ(以前にカットまたはドリル加工)に接着します。これは逆レンズにフィットしてレンズを保護し、ほこりを防ぎます。

接着したら、レンズにバックキャップを取り付けます。レンズを逆にして使用するので、これが「外部パーツ」になることを忘れないでください。

filter-body-cap-adapterをレンズのフィルタースレッドに取り付けます。これはカメラに配置され、通常のレンズのようにレンズとカメラ本体を結合します。

それが最終製品です。

この手動レンズで撮影した写真の例。それは「逆」55mm、マニュアルフォーカス、フラッシュなしでした。 ISO 3200、f / 11および1/125でのカメラ設定。元の写真は二乗されていません。

もう一つの例。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください:)


ビデオを見る: 万能ズームが超万能化高倍率マクロシステム クローズアップレンズ+ DIGITAL 12-200mm E-M1X


前の記事

アヒマグロ刺身の作り方

次の記事

スナックレシピ