2009アウディA5のフォグランプを交換する方法



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

まず、美しいアウディA5から始めます。

そして壊れたフォグランプ...私の電球は無傷のままでしたが、ユニットのガラス部分が粉々になりました。このスナップガイドでは、ユニットの交換に加えて、バルブの交換/取り外し方法を紹介します。

まず、必要なツールを入手するためにトランクツールキットに入る必要があります(これらを提供してくれたAudiに感謝します!)。スペアタイヤを取り外してキットを入手します。

必要なツールは右端にあります。フィリップス/フラットヘッドピースとトルクスピースをつかむ必要があります。

これがすべての消耗品です。新しいフォグライトユニット、トルクスドライバーピース、ユニバーサルグリップ付きのプラス/フラットヘッドドライバーです。詮索好きにはもっと大きなフラットヘッドが必要かもしれないと思いました(使用しませんでした)。

使用するトルクスエンドのクローズアップ。

そして、フォグライトパネルの2つの穴に指を刺し始めます。内側(左側)が緩むまで軽く引っ張ります。注意パネルを無理に外さないでください。粗すぎるとクリップが壊れる可能性があります。

私にとって、内側と中央のクリップは簡単に外れました。外側のクリップは苦痛でした。パネルが緩むまで少し揺らします。クリップを壊さないように、強く引っ張ったりねじったりしないように注意してください。

頑丈なクリップ穴がどこにあるかがわかります。右上と下の四角い穴です。クリップがどのように収まるか、何も壊さずに正しい方向に引っ張る方法を見ることができます。

出来上がり!すべてのクリップをそのままにしてパネルを外します。

これで、フォグライトがどこに収納されているかを確認でき、ここからフォグライトを取り外すことができます。

取り外す必要のあるトルクスネジが2本あります。 1つは左上部分(私のドライバーが写真にあるところ)にあり、もう1つは右下にあります。

これでユニットを引き出すことができます。

ユニットは中央の配線から外れます。

ライトと配線を一緒に保持する小さなクリップがあるので、マイナスドライバーでクリップを解放する必要があります。次に、それが解放されると、ソケットはすぐにスライドするはずです。

これが2つの接続方法です。

これがどのように壊れたかはまだわかりませんし、周りに傷のあるペンキはありません。それは謎です...

私の電球はまだ機能していたので、後で使用するために保管したいと思いました。電球の裏側をつかみ、反時計回りにひねります。

それはすぐに出てきます。

残りの仕事を終える間、私はそれをタオルの上に置きました。

21

新しいフォグランプユニットをに差し込みます。

22

すごい途切れない!

23

トルクスネジを使用して、新しいユニットを左上と右下にねじ込みます。 (写真がぼやけて目が痛い!)

24

ウーフー、今、光が入っています!しかし、それほど速くはありません!フォグライトを調整して、(A)正しい方向を向くようにし、(B)新しいライトでだれも盲目にしないようにする必要があります。

25

助手席側のフォグランプは工場出荷時の設定のままなので、参考にしました。左側の新しいライトが少し下を向いているので、調整する必要がありました。

26

プラスドライバーを持って、左下のプラスネジに突き刺します。フォグランプを上下に調整する必要があるかどうかに応じて、時計回りまたは反時計回りに回します。

27

調整後、フォグランプは同じ方向を指し、ほぼ完了です。 (フォグランプの調整を確認しながらヘッドライトをオフにしたことを忘れました)。

28

これで調整が完了し、フォグライトパネルを元に戻すことができます。最も簡単な方法は、最初に右外側のクリップ、次に中央、最後に左内側のクリップを挿入することです。

29

そのセクシーなフォグライトを見てください!再び新品同様です。


ビデオを見る: 誰でもできるAudiキーバッテリー交換方法Audi立川Audi西東京


前の記事

アヒマグロ刺身の作り方

次の記事

スナックレシピ